出産後はいつから働き始めるのが適切なのか?-子供が幼い時期に母親が仕事に出るのはどんな悪影響があるの?-

レディな日常

「今は、子育てが生活の全て」

だとしても、

「産む前は、バリバリ働いていた」

というママさんも多いはずです。

お腹が大きな状態で働いている女性も、それほど珍しくない時代ではありますが

「生まれた(産んだ)ばかり」

という状況で働いているという女性は、少数派であることが現実です。

「男女平等」と言われて久しい昨今であっても、育児の主役は相変わらず・・・

どうしても、それは女性であることが現実です。

”ふつうに”働いていた女性も、妊娠~出産をきっかけとして

  • 会社を辞める
  • 「育児休暇」を取得する

という、2択のいずれかを選択するはずと思われます。

一方、産んだ・育てた後にどうするのか?に関しては

  • 「復帰」するのか?
  • 「もう仕事はしない」という人生を歩むのか?
  • 「もう一度働く」ことにするのか?

人それぞれであり、様々な選択肢があります。

「もう一度働く女性」が普通になっているから

ひと昔前であれば、ほとんどの女性は「産んだら専業主婦」という道を歩みました。

しかし、今や「働くお母さん」というのは全く珍しくありません。

  • 子供が一定の年齢になったら働き始める
  • 「また働きたい」という意志を持っている

という女性は、確実に増えています。

その理由としては、

  • 妊娠前の仕事・働くことが楽しかった
  • お金を稼いで少しでも家計を楽にしたい

というものが多く、これは家庭環境やパートナーとの事情も絡む問題になりますが、その”動悸”としては、やはり「子供の教育(進学)資金」という目的が多いようです。

「子供の将来のために、また働く」ということです。

永遠のテーマ「子育てと仕事の両立」

いざ働き始める際、最も懸念することとして

「育児と両立することができるのか?」

というものがあります。

女性が働くうえで、必ず立ちはだかる定番の問題であり

  • 子供の成長・育児を犠牲にしなければならないのか?
  • なんとか、折り合いをつけることができるのか?
  • どうすれば、うまくことができるのか?

ということは、必ず”働き始める前”に解決しておく必要があります。

可能な限り”スッキリ”してから、行動しましょう。

そして、その際に鍵となる要素が「働き始めるタイミング」になります。

子供が何歳になったら働きに出るべきなのか?

主に母親業をしていた女性が改めて仕事に出始める時期というのは、多くの場合「子供の成長(年齢)」が大きく影響を与えることになります。

周りの家庭を見ていて気づいている方も多いと思いますが、1つの基準としては「預けられる時期」になること

そして、

「預けるしかない時期になった」

という事情もあります。

これは「予め想定されていた職場に復帰する時期」に差し掛かっていて、更に「他に子供を見てくれる人が家にいない」というケースです。

会社によって「育児休暇」の期間の長さというのは差があるようですが、出産後半年~1年半程度、という規則になっていることが一般的でしょうか。

その時期というのは、まだまだ手がかかる時期でもあり
情緒的にも繊細であることから、離れることが不安な時期でもあります。

しかし、”そういうきまり”の場合は仕方ありません。

実際には、

「決められた育児休暇の期間では足りない」

という女性も多く、<退職>するに至る大きな理由にもなっています。

家庭の環境に大きく影響を受ける

1日のうちの一定の時間家庭を離れるということは、その間に赤ちゃんのお世話をする”誰か”が必要になります。

「お母さんが働き始める」

それには、言うまでもなく”家庭環境”が非常に大きく影響します。

お母さん(おばあちゃん)と同居しているのであれば、ある程度は安心して働けますが人に預ける場合には”いろいろな不安”があります。

「保育費」といったものはもちろん、「こどものきもち」も気になるものです。

また、「人の目」といったものが気になる地域もあることと思います。

「子供を人の手に預けるには、まだ早すぎるのでは?」

という意見は年配方を中心に今尚根強く、心苦しい経験をしている女性も多いようです。

”区切り”が必要なのかもしれない

一方で、育児休暇を取得しない女性もいます。

一度はっきりと退職し、

  • やっぱりもう一度働きたい
  • これからの家計が心配になってきた
  • 改めてもっとお金を稼いでおきたい

という方が

  • 幼稚園に入学したら
  • 小学校に入学したら

という、成長・年齢の区切りから改めて働くことも多いものです。

幼稚園の年少さんといえば「4歳になる年」であり、”1年で育休を切り上げて”というケースよりも様々な面で納得がいく時期でもあります。

「みんなと遊んでいる間」に働くことができることも、周囲を納得させる要素です。

このようにはっきりとした区切りが”ついてから”働き始めることは、女性にとっては最も有効な妥協策と考えることができます。

「ママの自分の人生」を大切にすることは子供にもいい影響を与える

”育児と仕事”に悩むことができることは、”いい時代になった”ということでもあります。

少し前の時代であれば、

結婚したら女性は家に入る

子育てをしながら働くなんてありえない

という意見が大半であり、「働く喜び」は産後女性から取り上げられていました。

しかし、現在では「ママもバリバリ働く」ということは非常識なことではありません。

赤ちゃんを大切にすることは当然のことではありますが、それを前提として「ママにはママの人生」があります。

「私には私の人生がある」ということを、考えてみてもいいはずです。

前向きに・活き活きと働いている姿は、お子様にとっても嬉しい光景となるはずです。

我が子が幼い時期に働き始める際の心構え

そもそも、

子供を預けて働きに出る

と考える際、”あまりに幼い”という感覚には個人差があるものです。

そのため「何歳からであれば大丈夫」ということは、”結論としてない”ものとします。

各家庭の事情であり、そもそも”ママ自身”の事情です。

他人がとやかく言うことではなく、最終的には家庭内で判断することです。

とは言っても、

子供と離れて過ごすことに関して、不安であることには変わりません。

そして、この問題に悩んでいる女性の多くが”(子供が)小学校に上がっていない”という時期にあるようです。

昨今では「育メン」という言葉ももてはやされていますが、そもそもそんな言葉が流行るのがおかしいものであり、いつの時代も主役は母親です。

<出産>という男性にはできない経験を経て、幼いうちは母親が育児をするものである、という風潮は過去・現在・未来と変わることはないのかな?と思います。

事情があって母親が育児に参加できず、”父親だけで育てる”というケースもあります。

しかし、その場合に「父親はいつから働き始めるべき?」となりません。

「子育ては母親がするもの」と、認識されている証拠です。

これを「不公平」ととるか「勲章」とるかも、人によって差があると思われます。

働きに出ることを「いいか・悪いか」と考えるだけでは、何の解決にもならないのです。

「この問題において何が一番心配なのか?」を自身で把握しておく

不安に思っている問題を解決する際には

「そもそも何が問題なのか?」

という”問題点”に関して、はっきりさせておく必要があります。

「問題の根っこ」を、明確にしておくのです。

そして、この問題に関しては

「赤ちゃんの心」に弊害はあるか?

ということが、根本的な心配の素となっているはずです。

大げさに表現すれば、

「寂しさからトラウマになるんじゃないか?」

「寂しい思いをさせたことで、恨まれるのでは?」

といった、「精神的な成長」や「愛情」に関わる懸念です。

やはり「タイミング」は重要な要素になる

この問題に関しては、あらゆるケースで「全くない」とは決して言えないものです。

赤ちゃんの個性(寂しがりや)や、心の成長の”度合い”といったものも関わります。

現実的な例を挙げれば、

「1~2歳」の時期といった自我が目覚める前に<習慣化>しておくことで、「お母さんはいないもの」という認識を持つことからスムーズに運ぶことも多いです。

具体的に「微妙な時期」と言えるのは・・・

やはり「2~3歳」といった、「寂しいという気持ち」が増幅しやすい時期です。

もちろん、これも一概には言えないものになります。

結局は、赤ちゃんの「人柄」や「性格の傾向」から判断するしかありません。

そして”その判断”ができるのは、最も我が子を見て来たお母さん自身です。

「不足分」は”うまく”埋めるしかない

この問題に関しては、

「一緒にいられる時間を充実させる」

これしか解決策はありません。

預ける前・お迎えの後のケアから

お休みの日の接し方まで

様々なアプローチがありますが、ある程度成長してきたら、環境に慣れてきた際に、ぜひ「お母さんが働いている意味」を伝えてみましょう。

そもそも働こうとすること一番の動悸は「お金のため」であり、「家計のため」であり、最大の目的は”子供の将来のため”になるはずです。

もし、”自分のやりがい”のために働くにしても「お母さんが輝いている」ということで、メリットがあるはずです。

そういった場合にも「仕事の楽しさ」だけでなく、働かせてもらえることに対して子供へ”感謝”の気持ちを伝えましょう。

もちろん、

「どうしても働かないといけない」

という事情がある方もいるはずです。

その場合、ほとんどが「金銭的な事情」にあることと思われます。

離れ離れの時間が長いほど、自分自身もつらいはずです。

その際に、「赤ちゃんを置いて働くデメリット」を考えていても解決しません。

「これも赤ちゃんのため」ということを、心に留めておけばいいのです。

仕方がないことは、仕方がないことです。

その場合にも、「自分と赤ちゃんがもっと楽になるための手段」を常に探しましょう。

コミュニケーションの重要性に関しては、どんな状況でも変わりないものです。

言うまでもなく、どんな場合にも<ベストを尽くす>ことが何より大切です。