「自分は幸せではない」と感じている女性に本当に足りないものとは-他人との比較が止められない性格の治し方-

レディな日常

まず、人とい生き物は「いいもの」よりも「悪いもの」を見る傾向があります。

だから、幸せよりも不幸せに目が行きがちなのは当然のことです。

また、それは自分だけでなく他人に対する目線も同じです。

実際に、「幸せな情報」よりも「不幸な情報」の方が需要があります。

有名人の「結婚」より「離婚」や「不倫」といったネガティブもの、そもそもニュースといったものは、基本的には「他人の不幸」が放送されます。

他人の幸せ、他人の不幸、いずれにしても、それらの情報を得た後には必ず<比較>をすることになります。

その際に「自分が幸せでない」と考えてしまう、自分の状況を卑下してしまう傾向が、男性に比べて女性には強いように見えます。

”心あたり”がある方や、「最近多くなった」という方も多いはずです。

生きている時間が長いことによって、「差」というものが生まれます。

そもそもその”差”を感じている時点で、比較が完了しているのです。

そして、たいていは「自分の幸せ度が劣っている」という結論に落ち着きます。

まるで、”落ち込むために比較する”とも言える行為です。

中年以降は”差”が顕著なものとなるから余計に比べがち

悪い言い方をすれば、

女性にとって、自分と他人を比較することは「持病」とも言えるものになります。

典型的な例としては、「自分の年収」ではなく、「夫の年収」の比較です。

自分に関わるものを、全て・細かく・常に比較をしているのです。

冷静に考えれば、

「自分の夫」と「比較対象の夫」を比べること

つまり、「他人」と「他人の配偶者」を比べることはおかしなことです。

そしてこれは、「自分の過去を正当化したい」ということに本質があります。

結局は、”自分がどの程度の男を捕まえた(惚れられた)のか”を確かめる行為なのです。

「比較するために、比較する」という、なんとも複雑な行為です。

「年収」というのは典型的なものになりますが、それら以外にも「子供の成績」といった要素が無限に存在します。

そして、こういった”悪い癖”というのは中年以降にピークを迎えることになります。

それは、”比較対象が増える”という単純な理由です。

「隣の芝は青く見える」

と昔から言うように、基本的には「他人の環境」はよく見えるものです。

そして、比較は”絶望の素”でもあります。

しかしなながら、ほとんどの人は<比較しない>ということができません。

これこそが、絶望がなくならない理由でもあります。

いくつになっても<満たすために頑張る>ことは大切

生きている限り、比較という行動は避けられないものになります。

その「症状」を少しでも軽くするためには、何が必要なのでしょうか?

それはやはり、少しでも

「承認欲求(他人に認めてもらいたい)」

という願望を、満たすしかありません。

男性に比べて女性は承認欲求が低い傾向が見られますが、その「弊害」として”代わり”として<比較>をしているようにも思えます。

現在では、女性でも<仕事で活躍する>という道もあります。

今ほど女性の社会進出が進んでいない時代には、承認欲求が満たされることなく、日々悶々とするしかありませんでした。

夫や子供に託すしかありませんでした。

しかし、現在では”自分の力でなんとかする”ということがしやすい時代です。

その方が、健康的でもあります。

おばさんになっても、なったからこそ、人生を充実させるために頑張るべきなのです。

「自分だけの価値観」を持つしかない

中年以降の”私の人生これでよかったの?”という気持ちは、男女に関係なく湧き上がる思いです。

これは「ミッドライフ・クライシス」と呼ばれます。

上記したように、

  • 周りとの差
  • これからの自分

こういったものが明確になってくることも大きく影響しており、その結果として比較をするという行為が発生します。

その時期に「まだ自己承認欲求を満たせない」場合にはより”重症化”してしまうことも多く、非常に危険な状態と言えます。

<仕事で輝く>ことによって、

自己承認欲求を満たして比較をやめる

ということが解決策になることもあるとしましたが・・・

仕事に打ち込むほどに、更に比較対象を増やしてしまうことになることもあります。

そもそも、社会との接点が増えることで

  • 結婚
  • 出産
  • 家庭
  • 仕事
  • 子育てしながら仕事
  • 育休をとるとらない
  • 子供はあきらめる

といったものの”組み合わせ”の選択肢が、確実に増えていくものです。

頑張れば頑張るほどに、よりハードルが高くなっていくのです。

もしかしたら、「楽になるための選択肢が増えている」のではなく、より楽になることが難しい世の中になっているのかもしれません・・・

そんな時代には、

「自分自身の価値観で生きる」

ということが、より大切なものとなってくるはずです。