【中年女性の恋愛遍歴】実は男性と交際したことがない女性はどれくらいいる?-なかなか深い関係になれない理由とは-

レディな恋愛

「今現在中年になっている女性」

というのは、いつ、どんな人と出会い、どんな恋愛をしてきたのでしょうか?

小学生・中学生くらいで恋人がいるという子は、珍しくない時代です。

しかし、今の中年世代からしてみれば”ませている”と感じることも事実だと思います。

「ジェネレーションギャップ」は仕方がないものであるものの・・・

やはり、どうしても”自分の時”と比較してしまう人は多いはずです。

それもそのはずで、現在中年に差し掛かっている女性の方々にとって<初めての異性との交際経験>は”高校卒業以降”が圧倒的に多いのです。

現在の中年女性(35歳~55歳程度)というのは、高校卒業後に就職した人、短大・専門学校に進学した女性が多い世代です。

それと同時に、女性の大学進学率が急激に上がり始めた時期でもあります。

「あの人いいよね」や「ちょっと気になる」程度だった高校生時代までとは違い、学校内で恋愛に対してもう一歩踏み出すチャンスが増えた世代なのです。

特に”大学での出会い”の代名詞である「サークル」や「アルバイト」における出会いが多く、基本的に同学年・同期、もしくは先輩と付き合い、年下と付き合うことは稀なようです。

ちなみに、この時期に「初めての経験」をしたという人はも多いようです。

また、早い段階(20代半ば)で結婚するカップルというのは、基本的に「大学生(それ以前)から」というカップルが多い傾向も見られます。

もちろん”個人の自由”だが

現在の中年世代は、社内恋愛・結婚も多かった世代です。

大学を卒業し、使えるお金も増え、出会う男性の数や種類も多くなります。

大学時代よりも更に”大人な”男性に出会う時期でもあり、「職場結婚」というカップルが少なくはない世代でもあります。

一方で、現在では職場結婚が減少している傾向が見られるため、現在の中年女性世代に特徴的な現象であると考えられます。

「負け犬女子」という言葉が、一時ブームになったように・・・

学生時代の彼氏とうまくいかず(出会えない・別れてしまった)

また社会人になりたての時期に、恋愛につまずいてしまい(そもそも恋愛ができなかった)

更には”次”がなかったことで、「独身中年女性」が珍しくはない世代でもあります。

社会人生活にも慣れ、仕事で中堅スタッフとなった女性は仕事が楽しくなり、また金銭的にも自由となったことで”特に焦らなくなる(なってしまう)”という一番危険な時期に差し掛かります。

  • 仕事に没頭して、恋愛どころではなかった
  • 付き合っても、なかなか会えずに続かなかった

そうしているうちに、年をとってしまった女性も多いはずです。

どちらが幸せかは本人次第であり後悔していないというのであれば問題ありませんが、女性の20代というのは貴重なものでありこと恋愛において最も有利な時期です。

もちろん、

「結婚に早い・遅いはない」

「自分がそれでよければそれでいい」

ということも事実です。

一方で、”年をとることで基本的に不利になる”ということを意識することも大切です。

もし、これから先自分が望んでいるのであれば・・・

一度も異性と交際した経験がない女性も珍しくない

最近の話題のキーワードに、「中年〇貞」という言葉があります。

生まれてから一度も女性と”深いお付き合い”をしたことがない中年男性を指しますが、実際にはその前の段階の”交際”したことすらないというケースも珍しくありません。

そして、それは男性側だけの問題ではありません。

30歳女性の25%~30%は、「ヴ〇ージン」であるというデータもあります。

もちろん、全ての人間が交際・結婚しなければいけない訳ではありません。

また、見た目や性格も関係ないことも多いです。

「オンナは結婚して家に入ることが当たり前」

と考えられていた時代もある国で、なぜそのような女性が増えているのでしょうか?

交際暦がない女性の特徴・理由として

  1. 男性(異性)に興味がない
  2. 交際に興味がない
  3. 恥ずかしがり屋
  4. なにかモテナイ要素がある
  5. 理想が高すぎる

いずれかに絞られると思われ、ここではそこから理由を深堀りしていきます。

男性や年齢に興味がない

そんなに恋人が欲しいとも思わないし性欲もない

という女性は昔からいたはずです。

しかし従来であれば、”いい年”にさしかかることで「お見合い」の話なども出てきて”なんとなく結婚”というケースも多かったのです。

ある意味で「余計なお世話」であり、ある意味では<救済>とも考えられます。

また、交際経験がない女性には

「いい年になったら男性と付き合った経験がなければならない」

というような風潮に大して、嫌悪感がある人もいるようです。

極端な恥ずかしがり屋

いわゆる「奥手」と言われる女性は、基本的に”待っている”ことが多いと思います。

意外にも、美人にこのようなタイプも多いようです。

「美人なのになんで相手がいないんだろう?」

と思われている女性というのは極端な奥手であったり、また、¥男性が「高嶺の花」として見てしまった結果かもしれません。

待ってはいるものの・・・やって来ない女性は更に多いそうです。

理想が高すぎる

理想が高すぎることによって、なかなか好みの異性が現れない

ということは、交際経験のない女性に非常に”ありがちな”理由です。

「はじめてを捧げるのは絶対こんな人!」

というのが、こりかたまり過ぎていることも多いです。

また、¥SNSなどによって他人の生活が簡単に覗けてしまい、「人の夫(彼氏)よりも優れた男性」を、求めてしまいがちです。

ただし、”交際したい”という意思はあることが多いため、自分個人の理想なのか、社会的なものなのか、良く考えてみることも必要です。

そういう時代の流れなのかもしれない

基本的に、女性の方が男性よりもはるかに”需要”があります。

しかし、それでも交際・結婚しないということには、上記した理由以外にも様々な事情があるはずであると思われます。

結婚して家に入る、ということが当たり前ではなくなったこと

「経験がない」といったことに対して、恥ずかしいと思う風潮が弱くなったこと

そもそも、

  • 交際しなくてもいいのか
  • 本当は交際したいのか

といった、”やる気(意志)”よってにも結果は大きく異なるものです。

ルックスに自信がないから踏み出せない?

とても単純な理由で”見た目に自信がない”から一歩踏み出せない、踏み出すことができなかった女性も多いです。

女性にとっての「ルックス」とは、男性のそれよりもはるかに大きな要素でもあります。

特に、結婚を希望している中年女性の中には

「自分がいい人に出会えないのは容姿のせいである」

と思っている人もいるかも知れません。

しかし、”出会うこと自体”はそれほど難しいことではありません。

異性との出会いは、毎日行われていることです。

また「婚活」と呼ばれる媒体やパーティー、更にSNSでの出会いも一般的なってきています。

現在、出会いのための”ツール”はあふれています。

出会ること自体に関しては、それほど重要ではないはずです。

言い訳をして、逃げてはいけません。

勝負しないことも大切

異性とうまくいかないと悩んでいる女性というのは「容姿」が原因なのではなく、”自信がない”ことが原因であるとも考えられます。

しかし、どうすれば自信を持てるようになるのかということを真剣に考えている人は少ないように思います。

「わたしなんて、どうせブスだし」

と、いじけてしまってはいないでしょうか?

確かに女性にとってルックスは非常に重要な要素であり、それに自信が無い場合は”自分自身に自信を持つ”ことが難しくなってしまうものです。

ただしルックス劇的に変えることは難しく、そもそも”変わらなくてもいい”場合もあります。

新たに自信を持つ必要はありません。

ルックスを向上させて「自分を好きになってくれる人」を探すよりも・・・

「今の自分でも好きになってくれる男性」を探す方が、はるかに効率的です。

男性にとっての”女性の好み”もそれぞれ

失礼な例かもしれませんが、以前テレビ番組の企画でタレントがモンゴルを訪れ

  • 山田○子(某新喜劇女優)
  • 伊藤○咲(当時「美人」の代名詞だったモデル)

どちらが好みかをモンゴル人男性にアンケートをとった際、圧倒的に山田花○を選んだ男性が多かったということがありました。

人の好みというのは本当に人それぞれであり、超イケメン男性がいわゆる「B専」であることも珍しくありません。

また太っていることを気にしている女性は多いようですが、「太っている女性が好き」という男性は多いようです。

要は、

「自分のことを好きになってくれる・気に入ってくれる」

そういった異性に出会うことが重要なのです。

<ルックスで真向勝負>する場合、対象となるのは「面食いな男性」になります。

ライバルは沢山います。

今の時代、美しい女性は意外とたくさんいるのです。

生まれながらに劣っている場合は、分が悪いことが現実です。

生まれ持った容姿は、大きく変えることはできません。

まずは、現実を受け入れること。

前向きになること。

チャンスを待ち続けること。

チャンスの際に、積極的に動けることが大切です。

たとえ美人であっても、高望みが過ぎるとうまくいかないものです。