【もう働きたくない中年女性】会社や仕事を辞めたい理由と定年まで働く女性の割合について考える

深刻なレディ

現代は、

「自分らしく」や「いきいきと」

といった、ありきたりなコピーだけでなく

「待機児童の解消」や「女性のキャリア形成のための・・・」

といった、”女性の社会進出を後押しするような言葉”が溢れてる世の中です。

一歩で、その反面

「もう仕事(会社)を辞めたい・・・」

と思っている女性も、もちろんたくさんいます。

こういった”辞意”関するものは理由・動機は人ぞれぞれ様々なものがありますが、どちらかというと”マイナス”な印象を受けることが多いものです。

ただし、一概に言うことはできず「ポジティブな辞意」なのか
「ネガティブな辞意」なのか、大きく2つに分けてから考える必要もあります。

そして、こういった気持ちが沸いてくる場合というのは

  • 仕事「自体」をもうしたくないケース
  • 「その」仕事・職場に不満があるケース
  • 新たにやりたい(移りたい)会社・職種ができた

おおまかに、以上の3つに絞られます。

働くのが嫌になった

働きたくない(労働したくない)から、仕事を辞める

とい理由は、実にすがすがしいものです。

ただし、その理由も無限にあるはずですし、中には”メンタル”に関わる、大きな問題が原因となっていることもあります。

その理由を1つ1つ考える前に、そもそも”働く意味”を考えたいところですが、この問題に関しても非常に深すぎるものです。

そもそも、”やりがい”を持って働いている人は「半分もいない」という事実をまずは知っておきましょう。

半分以上の人が「働きたくない(様々な意味で)」にも関わらず、毎日働いているという事実は非常に重いものです。

  • 家族のために辞められない
  • 将来を考えると辞められない

残念ながら、マイナスの感情のまま働いている人は、自分だけではないということも知っておきましょう。

そして「働きたくないから辞める」ということを実行してしまう人は、”女性に多い”ということもまぎれもない事実です。

「ニート」や「ひきこもり」が話題にのぼるなか、「家事手伝い」の女性が、それほど問題になりません。

いかに女性の社会進出が、”決定的に”進まない理由でもあります。

「女性は働かなくてもなんとかなる」

ということが、世間の共通認識となっていることは間違いないのではないでしょうか?

”環境”に不満があるのは珍しいことではない

「就業」に関するデータは様々なものが取られていますが、仕事(職場)において最も重要なことが「人間関係」であると考えられます。

給与を含めた「待遇」よりも重要視されていることが多いようです。

ましてや、仕事内容(やっていること)よりも重要なことです。

「居心地の良さ」というのは、働くための条件」として最も存在感があります。

今更「新たなスタート」をきる難しさ

一見「ポジティブ」な印象を受ける”新たな出発”ですが、それが”中年”女性となるとよっぽどのスキルや経験が無いことには難しいものです。

特に収入に関しては、転職後「半数以上は前の賃金以下」になることが分かっています。

これは男女関係ないものであり、女性の方がその割合が高いことは容易に想像できます。

もちろん。転職の目的は給与が全てということではないとものです。

全く違う業種への挑戦や、長年夢見ていた業界へのチャレンジといった前向きな例もあると思いますが、本来は”できるだけ早く”行動を始めることが必要です。

もしも、”いい年”を過ぎてしまっているのであれば、<見る前に飛ぶ>ということができる最後のチャンスになると考えましょう。

もちろん、何も考えずに辞める人はいないと思いますが、それがポジティブな理由にしろネガティブな理由にしろ

「それは今からでも間に合うのか」

「取り返しがつくのか」

という、”現実的”な視点が必要です。

「準備」なくして、「理想」は実現できません。

言うまでもないと思いますが。

”そもそも想定されていなかった”という説も

「女性が定年まで働くのは難しい」

20年くらい前は「定年退職する女性」というのは非常に珍しく、基本的には「定年退職」となる年齢には働いていないことが一般的でした。

ごく少数の職種、「学校の先生」や「婦警さん」といった公務員を中心として

  • 会社の都合を汲まなくてもよい環境
  • 出産・育児からの復帰がしやすい

「女性特有のデメリット」が少ない環境で働いている、「特権」でもありました。

やはり、

結婚もしくは出産を機に辞める

というのが、”一般的な女性”という社会的な認識がありました。

そもそも、「定年まで働き続ける女性」に関するデータは最近になって取り始められたものが多く、それだけ想定されていなかったものなのです。

”最後まで働く女性”というのは、まだまだサンプル自体が少ないのです。

”女性の働きやすさ”に時代は関係ないのかもしれない

女性の社会進出が活発になってきた、と言われている昨今でも、上記した通り「働きやすい環境の会社」というのは限られています。

実際には「定年まで働く」という女性は、少ないことが現実です。

女性にとっての、

  • 就職しやすい
  • 出世しやすい

これらの条件比べ<定年退職まで働ける>という要素に関しては、もしかしたら、社会的にも需要がないのかもしれません。

そして、それにはやはり”女性特有の事情”も大きく影響していると考えられます。

言うまでもなく、それは「結婚」と「出産」といったライフイベントであり、更に「基礎的な体力」といった問題は永久的なものであるためです。

結婚・出産・育児を仕事を両立してきた女性であっても、40代後半から始まる「更年期障害」によって<ギブアップ>てしまう「もういいや」となってしまう傾向は、今後もなくならない要素と言えます。

働く「意志」と「必要性」

女性の就業状況に」関しては、「女性が働きすくなった」ことと同時に「家庭の経済事」といった要素も大きく影響しています。

共働きの家庭が、そうではない家庭を逆転し、より顕著なものとなっています。

”正社員として”の割合は昔と変わらない一方、「パート」といった形で働き続ける女性は増えているのです。

定年退職といった話どころではなく、「いくつになっても働かなければならない」という、社会状況も影響しているようです。

結果的に、定年まで働く女性には

  • 定年まで働けるのか
  • 働きたいのか
  • 働きたくないけど・・・働かなくてはならないのか

様々な事情があるはずです。

特に”働きたい”というのであれば、後は周囲の理解・協力次第ですが、昔に比べれて「できる可能性は高くなった」と言えることは間違いありません。

本当に仕事が好きなのであれば「限界までキャリアを積む満足感」を求めるべきですし、今までは男性にしか味わうことができなかったものを味わうことができます。

しかしながら、やはり「気持ち」と「環境」の変動に大きく左右されることは今後も永久に変わらないであろう、と考えられるものでもあるのです。