近所付き合いがメンドウで苦手でストレスが溜まってしまう主婦はどう振舞えばいいのか?

レディな日常

主婦にとって、特に専業主婦にとって欠かせない要素に「ご近所付き合い」があります。

社交的な人・人付き合いが好きな人にとっては”どうってことない”要素かもしれませんが、どちらかと言うと・・・むしろ圧倒的に「ストレス」と感じている主婦が多いようです。

元々は「自信があった」という人であっても、時が経つにつれて「疲れてしまった」という人も多く、ご近所の主婦とは”永遠に別れがこないクラスメート”のようなものです。

だからこそ、この「女性ならではの人間関係」の悩みは記憶にある方も多いと思います。

近所付き合いで悩んでいる主婦の悩みの内容は様々ですが、共通しているものとして”シンプルに面倒くさい”というものが挙げられます。

にもかかわらず、なんだかんだと<過剰に神経質>になってしまっていることが、よりストレスを抱えてしまう原因となっているはずです。

前向きでない内容を真剣に考えることは、誰であってもストレスです。

それは、女性ならでは・人間ならだれでもそうかもしれませんが

「悪く思われたくない」

「悪く思われているのではないか」

という、「勝手な自意識」である可能性が考えられます。

最も防ぐべきは「実害」を受けてしまうこと

「自分で自分を追い込む」ことによる悩みは、結局は精神的なストレスとして処理できます。

しかしながら、稀に「実害」に及んでしまうケースもあるようです。

ストレスを感じて体調を崩す、ということが典型的なものですが、それ以外に”より物理的な被害”に悩んでいる方もいるようです。

主なものとしては、「騒音」や「ペットの糞尿」といったものが典型的ですが

  • 親の関係が子供に及んでしまう
  • 自分の財産が傷つけられる

といった深刻な問題に発展することもあります。

あくまで極端な例であり、なかなか起きないことかもしれません。

ただし、あくまで可能性として想定しておくことも大切です。

幼稚園・小学校・中学校までは「子供」という要素が欠かせないでしょう。

ご近所に住む子供と自分の子供の年齢が近い場合は特に。

いい歳をした親同士だけでなく、子供同士の関係も同時に絡んでしまうことによって、どうしても仲良くせざるをえないことになります。

集団住宅の場合、これはとtめおあるあるです。

「自分が悪く思われると、子供がいじめられるのではないか?」

と余計な心配が増えることになります。

また「車を傷つけられた」といった損害が絡む場合には、「民事裁判」ではなく「刑事裁判」に発展する可能性もあります。

また「一度仲良くなってしまった」からこそ、「関係を壊したくない」という悩みもあります。

それによって、逆に心労が積み重なってしまうのは人間関係のあるあるです。

避けることができるか・できないか

子供の有無と同じく、「賃貸」なのか「持ち家」なのかによっても左右されてしいます。

”買ってしまった”という場合には、「最悪の場合には引っ越す」という手が使えません。

「永遠の課題」になってしまう恐れがあります。

ご近所付き合いに関する典型的な悩みの解決策

最も単純な解決策は、

「そもそも関係をよくしようと思わない」

ということですが、これは人間として・特に女性としてなかなか難しい問題です。

「自分だけ輪に入らない」ということは、”入れてもらえない”ことと同じく、なかなか寂しいものです。

そのため、やはり「関係をよくする方法」を考えましょう。

「立場が強い人」と「弱い人」の両方と”同時に”仲良くする

ここからは、いわゆる「処世術」の要素です。

今までに身に着けた処世術を、最も活かすべきタイミングがご近所関係なのかもしれません。

そして、うまく立ち回るための「鉄板」ともいえるものが

「ボス的存在」の主婦

「最も控えめ(悪く思われている)」な主婦

この2つに当てはまる方と、同時に仲良くすることです。

守ってもらう・守ってあげる、両方の人間になりましょう。

これはあらゆるシーンの人間関係における”最も無難”であり、且つ「最も合理的な人間関係の構築法」です。

そもそも悩んでいるのは”自分だけ”ではない

学生時代・会社時代の人間関係の悩みからやっと解放されたと思ったら、人生最大の・最長の人間関係が待ち構えています。

しかしながら、新しい関係が落ち着くまでは”3年もかからない”ことがほとんです。

精神的につらいのは比較的短い間であり、実害が及ぶような長い問題に発展する場合は「自治体」に相談することが最も効率的です。

守るべきは「自分の人間関係」ではなく「家族」です。

そして、最後に1つ忘れてはいけないことは「ご近所関係に悩んでいる」のは、相手も同じだということです。

「悩んでいるのは自分だけではない」こともまた、近所付き合いの側面なのです。