中年以降の女性の薄毛問題の基礎知識とまさかの「円形脱毛症」に備える

深刻なレディ

ここでは、加齢によって招かれる典型的な女性の薄毛の症状をそれぞれ解説します。

前頭部の「こめかみ」「頭頂部」から薄くなる男性型脱毛症に比べ、女性は全体的に薄くなっていきます。

まず、この女性に特徴的な薄毛の進行によってもたらされる、中高年女性に顕著な脱毛症を「びまん性脱毛症」と呼びます。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性ホルモンの減少が原因で起きる「女性の脱毛症」の典型的な症状です。

そのため、避けられないこと」という印象を受けるかもしれませんが、症状を食い止めて、軽減・改善することはできます。

また切れやすくなっている(切れ毛)が、増えていることによって「髪が薄いように見えているだけ」という場合もあります。

髪を生やす機能が、失われているわけではないため「生えている産毛」を、育てたりすることが有効な手段です。

正しいケアをすることによって、髪の量は復活させることができます。

ボリュームの減少だけでなく質も劣化している

女性の髪が少なくなることを「ボリュームがなくなる」と表現することがありますが、びまん性脱毛症の場合、全体のボリュームだけでなく髪の毛1本1本の

  • ハリ
  • コシ
  • ツヤ

といった、女性の「美」にとって大切な美髪要素も劣化してきます。

また女性ホルモンの減少が原因なだけに、頭髪だけでなく「爪」や「肌」といった女性にとって大切にしているパーツにも悪影響を及ぼします。

それらの症状が先に出てきてから髪が弱くなり、抜け毛が増え始めることもあります。

牽引性脱毛症

髪型に「こだわり」があったり、幼い頃から同じ髪型を続けている人に中高年になって顕著となる薄毛の症状が「牽引性脱毛症」です。

女性の薄毛の最初の症状として、「分け目」「つむじ」の周辺から髪が抜けていく現象は、この牽引性脱毛症の典型的な症状です。

また、「きつめの」ポニーテールを長く続けている女性が年と共に生え際が後退していく症状も、牽引性脱毛症の一種であると言えます。

牽引性脱毛症は特定の箇所の毛根が、その他の毛根よりも日ごろからダメージ・負担が多いことで発生します。

分け目や「結び目といった部分は常に頭皮が露出しており、それによって、外部からのダメージを直接受けやすい状態になっています。

また紫外線のダメージも肌にとっては大きな負担であり、それらのダメージにも常に晒されていることになります。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症の基礎対策は非常に単純であり、スグにその習慣をやめることがまず最初にとるべき対策です。

出来るだけ早く、毛根・生え際・頭皮を「楽にして」あげましょう。

そして次の段階として、ダメージの回復・修復が必要です。

通常のケアでは元に戻ることはないため、専用の修復アイテムを使用することをおすすめします。

牽引性脱毛はホルモンがそれほど影響していないため、自宅で自分で修復できる症状です。

しかし、どこかのタイミングで修復しないことには
症状は進行していくだけのため、できるだけ早い対応が求められます。

サプリで効率的あ基礎ケアがおすすめ

「けんいんせい」と聞くとやや特殊なものであるように思えますが、結局は加齢と共にリスクが高まるそれほど珍しくはない症状です。

極めて典型的と言える症状であり、一般的な症状だからこそ、スタンダードな対策・改善策を地道に続けることが必要です。

産後の抜け毛の延長

「女性ホルモン」が影響する女性の薄毛の症状は、「加齢(エストロゲンの減少)が関わっているものに限ったことではありません。

女性ホルモンの分泌・機能が、非常に活発になる妊娠~出産の過程にも「脱毛」が起きることは広く知られており、経験した人も多いと思います。

この産後の抜け毛は女性ホルモンが関わる薄毛の最たるものであり、加齢による薄毛と同じく油断せずに、しっかりと対処する必要があります。

産後の抜け毛は「産後脱毛症」と呼ぶこともあり、出産後約2~3ヶ月で始まると言われています。

そして、半年~長い人では1年ほど続くことになります。

症状の特徴としては女性特有のびまん性脱毛症と同じく、全体的にまんべんなくボリュームダウンしていきます。

入浴時のシャンプーの際に、排水溝の部分に「ごっそり」と抜け毛があることで気づく女性が多いようです。

妊娠したことよって活発になっていたホルモン分泌が、出産を経て「元に戻ろうとする」反動によってホルモンバランスが乱れ、脱毛という症状で現れますが、根本的な仕組みは未だ完全には解明されていません。

産後脱毛症の改善策

時間が経ち、女性ホルモンが徐々に安定してくることで自然と抜け毛が落ち着いてくることが一般的ですが、そうは言っても、女性にとってとても大切なパーツであり不安に思ってしまうことは当然のことです。

そういった場合には、やはり女性ホルモンが関係する薄毛ならではの改善法を実践していきましょう。

本格的な脱毛症に発展させないことが大切

この産後の抜け毛の症状は、女性の薄毛(びまん性脱毛症)の「きかっけ」となることも多く、「だらだら継続してしまう」ということも珍しくありません。

そのため、一般的な薄毛の症状と同じく「まずいな」と思った際には、すぐに早急な対応が必要になります。

基本的には自然に治っていくものではありますが、個人も大きい症状であり「深刻な」薄毛に発展してしまったり「体質の変化」が起きてしまっていることも考えられます。

改善が見られない場合は、しっかりとケアする必要があります。

また自然に任せる「だけ」ではなく、よりよいレベルの高いケアをすることで「元気な髪」を長く保っていくことができるはずです。

女性も無視できない「円形脱毛症」とは

円形脱毛症といえば「ストレス」

そんな印象はないでしょうか?

そして、

「実は直接の原因はストレスではない」

ということを知ったら、驚かれる人も多いと思います。

もちろん、ストレスも最も大きな要因の1つではあります。

ただし、<脱毛>させてしまう直接的な原因は、他にあります。

いわゆる「10円ハゲ」と呼ばれる親指と人差し指を小さく丸めたくらいの範囲で脱毛することが多いですが、その大きさも数も症状の出方に差があります。

そもそも円形脱毛症は「円形」と付いていますが、必ずしも「円」ではありません。

広範囲に抜けることもあれば「三日月型」に抜けるケースもあり、更に脱毛部分が重なっていびつな形に進行していくこともあります。

また、徐々に「ピンポイント」に抜けていく場合もあれば、「洗髪」や「くし」で梳いた際に”ごっそり”と抜けてしまうなど、決定的な・抜けるキッカケは様々です。

痛みや痒み等を伴う場合もあり、必ずしも頭髪に現れるわけではなく、体中の体毛にそのリスクは存在します。

また”脱毛症”という名称から”抜ける”と思われがちですが、”切れている”ということも多く、毛髪環境のあらゆる部分がダメージを受けて弱っている症状と考えられます。

「自己免疫疾患」が招く症状の1つ

円形脱毛症の確かな原因は、未だ解明されていません。

しかしながら、誤って自分の細胞を攻撃してしまう「自己免疫疾患」の一種であるとされます。

体を守るために外敵(細菌等)を攻撃する「免疫機能」が、何らかの理由で自分自身(体)を傷つけてしまっているのです。

免疫機能が原因だけに、何らかのアレルギー 体質の人に多いことが確認されています。

また、実は女性に多い傾向があります。

それは女性ホルモンと自律神経が深いからに他なりません。

そして、自律神経を乱すストレスは、最も大きな「トリガー」となります。

女性の場合、その傾向がより強くなるとことは間違いないでしょう。

また体の機能が関係していることから近親者が、同じ症状を発症していることも多く”遺伝”することがあることも確認されています。

円形脱毛症の治し方

円形脱毛症の治し方・治療法としては、通常の薄毛対策・改善策に加えて、自己免疫機能を乱している要因ををつきつめることも重要です。

ストレスによる自律神経の乱れが自己免疫機能を乱す原因になることは確かであり、もちろんストレスを回避・解消することも改善策の1つです。

仕事や人間関係がストレスとなっている場合、それらを遠ざけることで、円形脱毛症の改善につながり、症状が治まることは実際に証明されています。

しかしながら、仕事を辞めたり休職することは実際にはなかなか難しいことでもあります。

そういった理由から、根本原因である自己免疫機能の”回復”を優先しましょう。

繰り返しになりますが、自己免疫機能の乱れは自律神経の乱れが原因です。

「性ホルモン」の乱れが自律神経の乱れにつながるケースは非常に多く、特に乱れやすい女性に多いこともうなずける事実です。

<放っておく>ことが正解の場合も

「治療」以外の手段で、<放っておく>ということも改善策の1つです。

これは決して冗談等ではなく、円形脱毛があることを「忘れる」ことでストレスを少しでも軽減することにつながります。

忙しすぎるストレスや、自律神経の乱れで発症する人も多い円形脱毛症ですです。

悩む暇が無く、特に気にせず放置して働いていることで自然に治ってしまったという例は、たくさんあります。