再婚したいけど踏み切れない理由と不安と一歩踏みだす決意をするコツ

レディな恋愛

人生において、一度も結婚式しない。

一生独身で生きる。

ということが男女共に珍しくない時代です。

そんな時代に「再婚」を検討している方というのは、より稀な存在と言えるかもしれません。

自分が再婚、相手が再婚、両方とも再婚、といった様々なケースが想定されますが「一歩踏み出す」ということが1回目よりも難しいということは確かなことだと思います。

再婚ということは、自分が悪かった・そうでないにかかわらず・・・

「一度目は失敗だった」ということが否定できないためです。

失敗した経験こそが新たな不安を呼ぶ

たとえバツイチでも、バツニでも、お付き合いをしている時点では楽しいものです。

しかし、いざ結婚となると”別の問題”です。

めんどうなことも増えてきます。

挙げればきりがないものですが、恋愛している時とは異なる様々な事情があります。

新たに発生する要素というのは”経験したこがある”からこそ知っている・痛感しているものであり、その「経験」こそが、もう一度同じことをすることにへのハードルでもあります。

根本的に”信用しづらい”状態になっている

それでもしたい!

・・・にもかかわらず胸の中にわだかまりがあるという方は、やはり「一度失敗している」というもう1つの経験が影響しています。

自分に対しても、相手に対しても、疑う余地が確実に存在するためです。

これは、同じく再婚同士であればより顕著なことになります。

相手もまた失敗したことがあるためです。

更にもし、再婚を検討している相手とお付き合いしている期間に自分が元の相手と籍を入れていた相手が結婚していたのであれば、それは、「不倫」ということを否定できません。

結局は、

  • 同じことをまた繰り返す
  • 同じことになる

ということが、最も懸念される心理的なハードルでもあります。

何より「一度やっている」という事実から、「もうない」とは断言できないものと言えます。

”こんどこそ”幸せになりたい気持ちが強すぎるのかも?

再婚する際、「世間様の目(世間体)」というのは一度目の結婚の時とは別のものとなります。

ひと昔前に比べれば、より恋愛至上主義が広まっていることもあり、再婚自体の”重い”感じは、なくなってはいます。

一方で、年配の方を中心に決して優しいものではありません。

籍を入れれば「今度は大丈夫なの?」

先を入れなければ「そんな中途半端なことしてるから」

と、もう「気にしない」という選択肢以外ないはずです。

意外と「ご両親の反対」というのは少ない傾向があるようであり、「いい大人なんだから、好きにしなさい」という態度が多いようです。

親としては、「今度こそ」と、同じように思っている傾向があるようです。

以上は非常にネガティブな意見になりましたが、”失敗したことがある”という経験は「次にうまくいく」ための貴重のな要素になります。

”痛み”を伴っているのであれば、尚更と言えます。

「もう一度したい理由」を改めて考える

「事実婚」が珍しくない昨今、特に年配のカップルが籍を入れないことがより一般的です。

もちろん「安心感」といったものも求められるものですが、再度結婚するにはその後のためにもより「目的」を考えるべきであるとも言えます。

最も典型的な例として、「子供が欲しい」というものがあります。

前のパートナーとは価値観が合わなかったけれども、子供を持ちたいという女性は多いようです。

事実、「パートナーが子供を望まない」という理由で別れを切り出すケースは男女共に離婚原因の1つでもあります。

また最近では「結婚したくないけど、子供だけ欲しい」という価値観も珍しくはないものであり、その際にも様々な面を考慮し、特に子供のためには「籍は入っていた方がいい」と言えます。

籍が入っていることのメリットは、まだまだたくさんあります。

一方で籍を入れない関係にもメリットがあることから、しっかりと話し合うべきと言えます。

自分の判断に自信を持つ

目指すものは、とてもシンプルです。

「誰が何を言おうと、次はうまくいかせる」

ということが、最も大切なことです。

「一度目は一度目」と気持ちを入れ替えて、新たなスタートを切りましょう。

必ずしも「自分が悪かった」というわけではありません。

またもし否があったとしても、反省して今後に活かすことも大切です。

明確な気持ちがあるのであれば、誰にも反対する権利はないものなのです。